最新情報の詳細 一覧に戻る

2015/07/13
受賞コメント配信!CGアニメーション部門優秀賞『ベンディート・マシンV – 引き金を引け!』Jossie Malis監督

CGアニメーション部門で見事受賞を果たしたJossie Malis監督

スペインに暮らす監督の作品は影絵風、シルエット風なアニメーションにも関わらず、戦争の生々しさ、残酷さを感じる物語です。
悲しい部分もふくめた人間の歴史、戦争だけではないひと対ひとの暴力をテーマにしており、今回の作品は近年はやりつつあるkickstarterクラウドファンディングにて資金を得たそうです。

【受賞作品】
『ベンディート・マシン V – 引金を引け!』(Bendito Machine V – Pull the Trigger)
ジョシー・マリス / 11:54 / アニメーション / スペイン / 2014
紛争に巻き込まれてしまった異邦人は、嵐が過ぎ去るまで辛抱強く待つべきだったのだ。

ペルーとチリの血を引く、スペイン在住のイラストレーター、アニメーター、映画監督。空想上のマシーンや宇宙などを非常に好み、短編映画を多く制作。『ベンディート・マシン』シリーズは数々の国際映画祭で受賞を果たしている。

CG優秀賞

そんな監督から早速受賞のコメントが届きました!

まずはじめに、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアという素晴らしい映画祭の実行委員会およびボランティアの皆さんに感謝します。私がこれまで参加した映画祭の中でも、世界有数の都市で開催される最も素晴らしい映画祭のひとつであったことは間違いありません。東京で過ごした6日間は日本という国を知るだけでなく、国内外のフィルムメイカー、映画祭実行委員、とても親切なボランティアの方々など素敵な人々とも出会えたまたとない経験になりました。
上映後のQ&Aセッションでは、私の作品に関心や共感を示してくれた地元の観客の方々に感激しました。映画の制作や物語に強い関心を持ってくれる人々にこれだけ多く出会えたことは純粋に嬉しいです。

CGアニメーション部門最優秀賞受賞はまったく予期していませんでした。特に同じ部門に素晴らしい作品がたくさんあったので本当に驚きました。『ベンディート・マシンー引金を引け!』を最優秀賞に選んでくださった審査員の方々の言葉にとても感動しましたし、人類と聖なる機械の関係を描き続けるのに必要な強さを与えてくれました。

ショートショーフィルムフェスティバル&アジア、ありがとうございます!

【作品に対する思い】

『ベンディート・マシン V – 引金を引け!』は人間の暴力を紛争に巻き込まれてしまった異邦人の視点から描いており、時間を早送りしながら戦争や暴力を通して人間が進化してきた瞬間の数々を映し出しています。まさにこの繰り返しこそ私が本作で描きたかったものです。残念ながら人類の歴史は何世紀も前から続く争いの連続で語ることが出来ます。私たち人間は平和を好み世界中で起こっている争いを解決しようとしている一方で、驚くべきことにほとんどの技術はこれら争いによって発達してきているのです。人間というのは本当に不思議な生き物です。

受賞本当におめでとうございます!
コメントと作品詳細はこちらから

『ベンディート・マシン V – 引金を引け!』は7/31(金)まで横浜みなとみらいのショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターで上映中!
Short Shorts Film Festival & Asia 2015 受賞プログラムA(全4作品)


PR


よく読まれている記事


関連記事

2017.11.28
【レポート】1126 THEATER(いい風呂シアター)~銭湯で上映しました!~
2017.11.07
銭湯で映画上映!?『1126THEATER(いい風呂シアター)』開催!