最新情報の詳細 一覧に戻る

2017/02/23
【海外上映】インドでジャパンショートを上映します!

日本・インド友好交流年でもある今年、インドの首都、ニューデリーにある在インド日本国大使館や、ムンバイにあるY.B. Can Centreにて、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」が過去に上映をしたジャパンショート(日本の短編映画)や映画祭がプロデュース指揮をした特別製作作品など、日本の魅力が満載の4作品を上映いたします。
ムンバイでの上映は2月28日(火)、そしてニューデリーでの上映は3月1日(水)及び2日(木)に行われる予定です。

本映画祭では、外務省の「日本ブランド発信事業」の一環で、ショートフィルムを上映しながら、世界各地にて日本文化に興味を持っていただく活動を過去4年間に渡って行っています。
昨年は、モロッコの首都ラバトやマラケッシュでジャパンショートを上映をしました。過去には、サウジアラビアの首都リヤド、オマーンの首都マスカット、イランの首都テヘラン、エジプトの首都カイロ、マレーシアの首都クアラルンプールなどイスラム圏の国々おいてこの事業を行った経緯があります。

モロッコ上映

2016年、ラバト(モロッコ)での開催風景

今回上映する作品は、齊藤工監督の『半分ノ世界』、宮崎光代監督の『キャンとスロチャン』、渡邊世紀監督の『未来のカケラ』、そして牛島悟郎監督の『カラーズ オブ ライフ』です。

インドで日本のショートフィルムがどう評価されるか、また後日レポートいたします!


PR


よく読まれている記事


関連記事

2017.10.02
【ユニカ】今週の「SHINJUKU CINEMA SQUARE 21 by ShortShorts」は『12年』をお届け!