最新情報の詳細 一覧に戻る

2015/10/09
河瀨直美監督の新作ショートフィルム『嘘 -LIES-』でSSFF & ASIA 代表、別所哲也が釜山国際映画祭に初登場!

108日(木)夜、河瀨直美監督の新作ショートフィルム『嘘 -LIES-』が、『第20回釜山国際映画祭(開催期間:101日〜10日)』のBHシアターでプレミア上映されました。

 

この作品は釜山国際映画祭と中国の大手動画サイトyoukuなどが共同で企画、出資した「MN9 Project」の一環で、河瀨監督以外にもタイのアピチャートポン・ウィーラセータクン監督、中国のワン・シャオシュアイ監督、韓国のイム・サンス監督が参加をしている他、新人監督4作品を加えて「カラー・オブ・アジア」プログラムにて初公開されるものです。また同作は『釜山国際映画祭』での上映後、中国の動画サイトyoukuで配信される予定です。

 

 

『嘘 -LIES-』は、世界的な評価を受けるファッションデザイナーの哲也を主人公に、天才が故の孤独や不倫、愛欲の世界を描いた作品。アシスタントの愛の通訳を通して哲也が雑誌のインタビューに答えるにつれて、彼の嘘や真実が浮き彫りになっていく様が映し出されるとの事。

主人公のデザイナーを演じるのはSSFF & ASIA代表の別所哲也。デザイナーの通訳に徹しながら、彼の言葉に心を掻き乱されるアシスタント役を尾崎愛が演じる。SSFF & ASIAの創立者であり、短編映画の啓蒙を積極的に行ってきた別所哲也ですが、意外にもショートフィルムに主演するのは初めて。

 

3

 

プレミア上映となった夜、超満員の会場で河瀨直美監督、別所哲也、そして尾崎愛が登場し、それぞれ挨拶をしました。作品の見所について河瀨監督は「今日の出演者は全員、バイリンガル。インタビューを通じて人々の嘘が見え隠れしてくるところです。」とコメント。別所は「日本で私は国際短編映画祭を運営する立場として、壇上にたつことが多いのですが、今回、こうして河瀨監督のショートフィルムに俳優としての立場で参加できて光栄です。」と挨拶しました。

 

 

また、今日の上映前には今のシンガポール映画界を引率する若手人気映画監督、ロイストン・タン監督が別所哲也へあいさつに楽屋まで来てくれました!タン監督の新作『3688A』は「Window on Asian Cinema」部門に入選していています。2001年、まだSSFF & ASIAが「アメリカン・ショートショートフィルムフェスティバル」という名称の頃、インターナショナルプログラムでまだ無名のタン監督を映画祭で紹介した経緯がありました。このたび、タン監督と別所は14年ぶりの再会となりました。

 

4

 

4人の監督作品が終了するごとに大きな拍手が沸き起こりました。この4つの作品は明日の夜にも再上映されます。 

詳細は釜山国際映画祭ウェブサイトにて

映画祭の模様の写真

DSC_0233

河瀨監督と別所

 

DSC_0269

上映会場の様子

 

DSC_0436

左から ルース貴絵リントンさん、尾崎愛さん 別所哲也、河瀨直美監督

予告編はこちらから

ポスタービジュアル

Photographed by LESLIE KEE

MN9 Project短篇作品『嘘 – LIES – 』

2015年 / カラー / 22分 / 4:3 / DCP / 5.1ch

監督・脚本:河瀨直美
出演:別所哲也 尾崎愛 ルース貴絵リントン
撮影:藤井昌之
照明:太田康裕
録音:森英司
制作:組画

製作:youku.com/Busan International Film Festival
衣装協力:YOHJI YAMAMOTO Inc.

 

ストーリー:ファッションデザイナー哲也(52)に興味を抱く雑誌のインタビュア・ルース(シンガポール)が通訳に徹する哲也のアシスタント愛(34)を通じて、彼の根源を浮き彫りにする。彼の独自のデザインは常に世界に衝撃を与え続けているが、彼の言葉には真実と嘘が見え隠れする。次第に彼の嘘が真実を生み出し、愛の心を掻き乱す。

釜山国際映画祭ウェブサイト


PR


よく読まれている記事


関連記事

2016.03.09
短編映画『未来のカケラ』本編・予告編を公開しました!