Short Shorts Film Festival 1999

東京―沖縄

1999年6月、東京原宿・表参道で映画祭は生まれる。

沖縄・那覇市でも開催し、2都市開催を成功させる。

アカデミー賞・受賞作品を紹介!

現地インディペンデント・フィルムメーカー、ディレクターのネットワークを通じ、厳選した計30作品程度を上映しました。 内容は、米国アカデミー賞ショートフィルム部門賞に輝いた「Visas and Virtue 」(第二次大戦中ナチ迫害から逃れ越境した ユダヤ人にビザを発行し、命を救った杉原大使のエピソードを描いた作品)などの30分弱のヒューマンドラマから2~3分の ショートコメディまで、幅広いジャンルに渡っています。 いずれの作品も、アメリカの独立系映画祭の頂点「サンダンスフィル ムフェスティバル」をはじめ、名だたる映画祭のショートフィルム部門で入選した質の高い作品群となっています。


ジョージルーカス監督作品も紹介!!

本イベントの実施にあたり、主旨に賛同いただいた著名監督が過去に制作したショートフイルムを特別招待作品として上映、 記念すべき第一回目となった今回、ジョージ・ルーカス監督が6作品を提供、いずれも海外初公開(米国内でも数回しか上 映されていません)、特に「 THX1138 4EB 」は、映画ファンの間では伝説となっている短編SF作品で、ルーカスのメジャー 進出への足がかりとなったものといわれています。

アメリカン・ショート・ショート アワード 1999

本フィルムフェスティバル実行委員会で決めるアワードが第一回目から設けられました。 1999年のアワード作品は「Puppies For Sale」(ジャック・レモン主演作品)