ボランティア募集中!

国際短編映画祭などを企画・運営する会社で経験を積んでみませんか?

2017/12/25: 2018年度の募集を開始しました!
            

■映画祭 開催概要 (予定)
2018年6月 東京都内複数会場

■期日 5月中旬~6月下旬まで

■映画祭活動時間 9:00~22:00(シフト制・会場により異なる)

■活動場所 映画祭会場(東京都内・複数会場)

■参加条件
□ボランティア全体MTGに参加できる方(5月19日・20日のどちらか参加必須)
□映画祭会期中、4日以上(1日8時間以上)活動できる方
□映画に興味のある方、国際的な文化事業の事務局を経験してみたい方
□18歳以上(高校生不可)
□責任をもって職務を遂行できる方
□チームワークを重んじられる方
□体力に自信のある方
□おもてなしの心を持った方。

■ボランティア職種
映画祭期間は、担当に分かれて活動して頂きます。 応募時に必ず申請ください 。
※但し担当の仕事がない場合等はフロア業務を行っていただきます。

▷A.【フロア】受付・チケット販売・グッズ販売・お客様案内/誘導・会場搬入搬出・イベント運営全般等
▷B.【語学】上記A.フロアでの業務の他に、来日フィルムメーカーアテンド・一般来場客とフィルムメーカーの通訳・受付/会場での外国人対応等
英語以外の言語の場合は、別途会話レベルをフォーム入力時にご記入ください
※ 説明会後の簡単な英語の会話テストあり
※ 多言語できる方歓迎(特に韓国語・中国語ができる方)
▷C.【記録・撮影】上記A.フロアでの業務の他に、映画祭会期中の記録撮影。会場内全般(人物込み)・外観・舞台風景・各協力店舗等
※経験・技術のある方優遇 説明会時にポートフォリオをお持ち下さい。
※一眼レフカメラをお持ちの方に限ります。

■特典
□映画祭オリジナルスタッフTシャツ(非売品)プレゼント。
□映画祭オフィシャルカタログ1冊
□映画祭スタッフPASS
□映画祭開催時に、業務に支障のない範囲で上映鑑賞が可能 (運営状況により応相談)
□映画祭時お弁当支給(1日6時間以上勤務の方に限る)
□オフィシャルカタログにボランティアスタッフとしてのクレジット表記

■支給
交通費
映画祭期間中、勤務地・通学地から映画祭会場までの往復に係る実費に相当する額 (定期券利用区間は除く)を支給
※ 往復合計の上限あり

■応募の流れ
▽ 応募フォームからお申し込み ご希望の説明会参加日時を指定下さい。
▽ 説明会参加 (※必須 4月7日・4月8日のどちらかにご参加ください)
▽ 説明会の活動内容で承諾(説明会で活動内容を聞く)
▽ メールにて参加の意思を事務局へ連絡
▽ 必要書類提出
▽全体MTG参加 (※必須 5月19日・5月20日のどちらかにご参加ください
▽ 正式登録完了、活動開始スタート

■応募締切 2018年3月30日(金)※定員になり次第締め切ります。

■説明会
2018年4月7日(土)、4月8日(日)
※どちらか1日参加必須

■全体MTG
2018年5月19日(土)、5月20日(日)
※どちらか1日参加必須

■応募方法
下記のフォームから必要事項をすべてご記入ください。

ボランティア応募エントリー

※ ボランティア応募エントリーをお送り頂ければ、折り返し事務局より自動返信にてエントリー受付メールをお送りします。メールが届かない場合はお問い合わせください。
※ ボランティア活動には、必ず説明会の参加が必要となります。
※ 個人情報について
当委員会は、法令により例外として認められた場合を除き、個人情報の取得時または取得後におけるご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。
こちらから提示する目的以外(事務局からのお知らせDMやメルマガを配信)には個人情報を使用いたしません。


ボランティア経験者の声

学生の私にとって、映画祭でのボランティア活動はとてもよい経験になりました、1年に1回のこの映画祭を事務局スタッフの皆さんと一緒に運営できた喜びは、今までにはない充実感でいっぱいです。
大学3年/K・Y

映画が好きという軽い気持ちで始めたボランティアでした。映画祭で言葉を交わしたお客さん、監督の皆さん、ボランティアの皆さん、そして事務所スタッフの皆さんとの出会いは、「映画が好きだ」ということを再確認する機会になりました。
フリーター/S・T


申し込み当初は、ボランティア活動は若い方達ばかりなのではと不安でしたが、年齢層も幅広く、様々な経験や考えを持たれた方々が集まっていました。ボランティア活動を通していろいろな方と交流できたのが貴重な経験でした。
会社員/F・O


監督の声

昨年は幸運にもたくさんの映画祭を回る事ができましたが、その中でもSSFFは一番想いで深い映画祭になりました。
それは賞をいただけたからではなく、映画作家の事を最優先して考えた心地良い空間を作り上げているからです。
映画祭は規模が大きければ大きいほど、たくさんのボランティアの方々に支えられて成り立っていますが、特にSSFFのボランティアの方々の映画に対する情熱、迅速かつ真摯な対応、そして映画祭関係者全体としての統一感は、他の映画祭と比べ物にならないと思います。そんなボランティアの方々に心より感謝しています。

ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2009 ジャパン部門 優秀賞 / 落合賢


天使たちとも呼べるボランティアのみなさん、どうもありがとうございます!
あなたたちのおかげで私の東京滞在は、とても思い出深いものになりました。今回私は初めて日本を訪れましたが、なんというか・・・私は東京という街、そして人々に恋をしてしまいました。近い将来、また戻ってきたいと思います。 最後にもう一度ありがとうございます。ショートショート万歳 !!!

ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2009 FREDアワードベストアクター / Pier Paquette


映画祭期間中助けてくれたボランティアの皆様のおかげで、日本での滞在をとても楽しむことができました。 あらゆるケアをしてくれたボランティアの皆さんに感謝の意を述べたいと思います!

ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2009 ストップ!温暖化部門優秀賞(環境大臣賞) / J-WAVEアワード
監督:Jan van den Berg


お客さんの声

受付スタッフの笑顔と親切な対応がとても印象的でした。ショートショートはたくさんのボランティアに支えられている素敵な映画祭だと思いました。また来年も来たいです。
主婦/Y・Y

受付で整列中、足の悪い私に親切に椅子を準備してもらいとても感動しました。 終始安心して映画を楽しむことができました。ありがとうございました!
会社員/T・I

 

インターンシップも募集中!

運営・映像・広報の各部門で募集中。詳細はこちら