プロジェクト概要

SHIBUYA STREET CINEMA 2200 by ShortShorts (略称:シブストシネマ) は米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)と、渋谷で9基の大型街頭ビジョンを展開する株式会社シブヤテレビジョンとのコラボレーションにより、毎日22時、渋谷・公園通り入口の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」にて世界のショートフィルムを上映するプロジェクトです。

 

ショートショート フィルム
フェスティバル & アジアとは?

米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭。新しい映像ジャンルとして「ショートフィルム」を日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優の別所哲也が、創立者として1999年に「アメリカン・ショートショートフィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 初年度は映画『スターウォーズ』で有名なジョージ・ルーカス監督の学生時代のショートフィルムも6作品上映し、その後も毎年応援を頂いています。 2001年には「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と名称を改め、2004年には米国アカデミー賞公認映画祭として認定されました。これにより、映画祭のグランプリ作品が、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考に入ることになり、日本からオスカー像を手にする若手が出現する可能性への架け橋ができました。 また、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から同年に誕生した「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」が誕生し、現在、この2つの映画祭か ゙”SSFF & ASIA” として開催されています。上映内容は、オフィシャルコンペティションをはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されています。

 

シブヤテレビジョンとは?

ソニービジョン渋谷を始め、スクランブル交差点・センター街・公園通りの路上に合計9基の大型ビジョンを設置し、地域振興イベントの取り組みや渋谷で起こる様々な体験を取材し、ニュースとして日々オンエアしているローカルメデイアです。